Minecraft【Java版/統合版】 ミニゲーム!パルクール。

2022-12-05

コマンドブロックとスコアボードを使ってミニゲームを作成。

Java版1.19.2、統合版はv1.19.50で動作確認。

パルクールとは?

Minecraftのパルクールとは、仕掛けや障害物のあるコースを、乗り物や道具を使わずにダッシュとジャンプでゴールを目指すタイムレースの事です。運動会でいうと障害物競走ですね!他にもアスレチックと呼ぶ事もあります。

アクション要素が強いので、スマートフォンのタッチ操作で遊ぶのはかなり難しいです。
コントローラーやキーボードで操作出来れば、より楽しく遊べると思います。

スタートとゴールを決めてコースを作るだけで十分楽しめますが、コマンドブロックやスコアボードを使って効果音・タイム計測・クリア報酬などのゲームらしさを追加します。

 

完成サンプル動画

 

更新履歴
2022-12-05/Java版、統合版の1.19以降に対応。装置も再設計しました。

 

 

目次

1.新規ワールド作成。
・フラットワールド
・チャットコマンド

2.コマンドブロックの設置。
・スタート地点
・タイマー装置
・ゴール地点
・クリア報酬とリセット
・仕上げ

3.ワールドデータ。
・完成データのダウンロード

 

新規ワールド作成。

フラットワールド。

マインクラフトのバージョンも上がり、フラットワールドの作成が簡単になりました。
詳しくは、下記の関連記事を参考に作成してください。

 

 

チャットコマンド。

チャットに大量のコマンドログが流れ、装置作成の邪魔になるのでログを非表示にしておきます。
※Java版では、新規ワールド作成時にも非表示に出来ます。

◻︎コマンドログの非表示 ※表示する場合 「false」を「true」に変更。

/gamerule commandBlockOutput false

 

装置作成に必要なコマンドブロックを手に入れます。
◻︎コマンドブロックの入手

/give @p command_block

 

スポーン位置がズレないように範囲を1にしておきます。
※Java版では新規ワールド作成時、統合版ではワールドの編集からも変更出来ます。
◻︎Java版

/gamerule spawnRadius 1

 

◻︎統合版

/gamerule spawnradius 1

 

コマンドブロックの設置。

Java版と統合版では、コマンドやブロックの名称など違いがあります。
装置の解説はJava版の名称で統一しています。

コマンドブロックは画像に合わせて配置。「ブロック種類」「レッドストーン」を変更します。変更がある場合は、個別に解説していきます。

配置したコマンドブロックの状態/すべて無条件
※()内は統合版の名称。

コマンドブロックの色 ブロックの種類 レッドストーン
黄色 インパルス
(衝撃)
動力が必要
(レッドストーンが必要)
青色 チェーン 常時実行
(常にアクティブ)
紫色 リピート
(反復)
常時実行
(常にアクティブ)

 

スタート地点。

感圧板を踏んでタイマーを起動し、効果音を鳴らします。


高さ3段目にレンガ「あ」開始位置、ガラスとオークの感圧版を設置。
ガラス下に、磨かれた安山岩とレッドストーンダストを設置。
何度も感圧版を踏まないように、リスポーン位置は「い」にしています。

 

【Java版/統合版】 共通

①scoreboard objectives add time dummy
②scoreboard objectives setdisplay sidebar time
③scoreboard objectives add count dummy
④spawnpoint @p ~ ~ ~
⑤setblock ~ ~ ~ redstone_block

①スコアボード「time」を作成。
②スコアボード「time」をサイドバーに表示。
③スコアボード「count」を作成。
④「~ ~ ~」には「い」の座標。スポーン位置を設定。
⑤「~ ~ ~」には「A」の座標。タイマー装置を起動します。

 

タイマー装置。

ゲーム内時間の「ティック」を数え1秒を作成。スコアボードに足していきます。※20ティックで約1秒。

①の「リピート/反復」は「動力が必要/レッドストーンが必要」に変更。
⑤の「チェーン」は「条件付き」に変更

【Java版】 

①scoreboard players add ティック count 1
②playsound entity.player.levelup player @p ~ ~ ~
③execute if score ティック count matches 20..
④scoreboard players set ティック count 0
⑤scoreboard players add 時間 time 1

【統合版】

①⑤はJava版と同じ
②playsound random.levelup @p ~~~
③scoreboard players test ティック count 20
④scoreboard players set ティック count 0

①動力がある時「countのティック」に1を足していく。
②座標入力無し。近くのプレイヤーに効果音を鳴らす。(経験値アップ)
③「countのティック」が20になったら信号を出す。
④「countのティック」を0に戻す。
⑤「countのティック」が0になった時「timeの時間」に1を足す。

コマンド入力が終わったら、ガラスを石レンガに変更しておきます。
※統合版ではスコア名に「:」が使えないので、無しで統一してあります。完成動画はJava版のもの。

 

ゴール地点。

感圧板を踏むと効果音やタイトルを表示して、タイマーを停止。

①②③は地面に埋める。
①の上に「石レンガ」「石の感圧版」を設置。

【Java版】

①setblock ~ ~ ~ air
②playsound entity.firework_rocket.twinkle player @p ~ ~ ~
③title @p title {"text":"GOOL!","bold":true}

【統合版】

①はJava版と同じ
②playsound firework.twinkle @p ~~~
③title @p title §lGOOL!

①「~ ~ ~」にはスタート地点「A」の座標。タイマーを停止します。
②座標入力無し。近くのプレイヤーに効果音を鳴らす。(花火)
③画面中央に「GOOL!」を表示。(太字)

※ティック計算用のスコアボード「count」はリセットしていません。
リセットしたい場合は、コマンドブロックを追加して 「scoreboard objectives remove count」を入力。

 

クリア報酬とリセット。

スイッチを押すとゴール報酬(金のりんご)を出して、装置をリセットし開始位置に戻ります。
高さ3段目にレンガとボタンを設置。ガラスは高さの目安です。

【Java版/統合版】 共通

①give @p golden_apple 1
②scoreboard objectives remove time
③tp @p ~ ~ ~

①近くのプレイヤーに金のりんごを1個与える。
②スコアボード「time」を削除。
③「~ ~ ~」にはスタート地点「あ」の座標。近くのプレイヤーをテレポート。

 

仕上げ。

コマンドブロックを隠してコースを仕上げます。
ゲームモードをアドベンチャーモードに変更したら完成です。

◎注意点

装置はシングルプレイ用です。ゴールのリセットボタンを押すとスコアは削除されます。

 

ワールドデータ。

パルクール装置の完成データをアップしてあります。

完成データのダウンロード。

【統合版】 v1.19.50
アプリで開くから、Minecraftを選びます。
ダウンロード/パルクール.mcworld

【Java版】 1.19.2
zipを解凍して、フォルダを「saves」に入れて起動します。
ダウンロード/パルクール.zip

※二次配布は禁止です。

 

おすすめ記事もどうぞ!