Minecraft【Java版/統合版】きよしこの夜(音符ブロック)

2019-12-21

音符ブロックで作る効果音

きよしこの夜

クリスマスソングには欠かせない名曲ですね!
音が伸ばせないので機械的ですが、雰囲気は出てると思います。
音符ブロックの配置はコンパクトにしてあるので少し複雑です。

 

完成サンプル動画

感圧板を踏んでいる間は音が鳴り続けます。
2周目はイントロを飛ばしてAメロからループします。

 

きよしこの夜 1F 配置図(上)

きよしこの夜 2F 配置図(上)
きよしこの夜 1F、2F 配置図でリピーターの向きとブロックの配置を確認出来ます。

①ここにレッドストーンブロックが来ると、回路が動く。

②曲の始まる場所です。この位置から配置していくと作りやすいと思います。
また1Fと2Fのこの位置を合わせてください。

2Fのリピーターとレッドストーンダストの下には、石のハーフブロックを置いてあります。(レッドストーントーチの部分は丸石)
2Fの高さは断面図で確認できます。音符ブロックの下には、音色を変えれるようにスペースがあります。

③オブザーバーの向きに注意。
音がループするように音符ブロックの途中で回路を繋げてあります。

各断面図は矢印の方向から見たものを用意しています。

 

左からA、A2と感圧板スイッチ改 断面図(横)

 

左からB、C、D 断面図(横)

④感圧板を踏むと粘着ピストンが下がり、スイッチが入る。

⑤レバーはオンにしておく。(レバーが 下っていればOK)

⑥レッドストーントーチが消えてるか確認。

断面図AとDは、上から下へ信号を送るので、レッドストーントーチを丸石の側面に付ける。
断面図BとCは、下から上へ信号を送るので、レッドストーントーチを丸石の上部に付ける。

 

きよしこの夜 1F クリック表(上)

きよしこの夜 2F クリック表(上)
きよしこの夜 1F、2F クリック表(上)の赤文字がリピーター、黄色文字が音符ブロックのクリック回数です。

連続で感圧板に乗り降りすると、音が重なってしまいます。

 

■使用した材料

JavaEditionの名称BedrockEditionの名称個数
レッドストーンリピーターレッドストーン反復装置194個
音符ブロック音ブロック137個
レッドストーンダストレッドストーン20個
レッドストーントーチレッドストーンのたいまつ8個
粘着ピストン吸着ピストン3個
レバーレバー1個
レッドストーンブロックレッドストーンのブロック1個
空色の羊毛空色のウール9個
丸石丸石12個
石のハーフブロック石ハーフブロック56個
オブザーバー観察者2個
オークの感圧板樫の木の重量感圧板1個

※JavaEditionとBedrockEditionではアイテムの名称が若干違います。
※記事のアイテム名称はJavaEditionで統一します。

 

 

おすすめ記事もどうぞ!