Minecraft【統合版】マルチプレイで遊ぼう!(遠くの人と遊ぶ)

2019-12-21

Xbox Liveアカウントを使ったマルチプレイ

対応機種/iOS・Android・Windows10

 

マルチプレイとは?

マルチプレイと言えば、日本では「協力プレイ」というイメージがありますが、海外では「対戦プレイ」という意味。海外での協力プレイは「CO-OP」。2人以上で遊ぶゲームモードです。

Minecraftで遊べるマルチプレイでは、大きく分けて二通り。「近くの人と遊ぶ」か「遠くの人と遊ぶ」のどちらかです。

 

遠くの人と遊ぶ。

Minecraft Bedrock Editionで遠くの人と遊ぶには、いくつかの方法があります。

遠くの人と遊ぶ方法メリットデメリット
Xbox Liveアカウントで招待する簡単にマルチプレイが出来る。
ADD-ONSも使用可能。
年齢制限あり。
月額有料サービス。

公式のRealmsサーバーを使う

24時間常時起動。
ADD-ONSも使用可能。
年齢制限あり。
月額有料サービス。
サーバーサイト完全無料!
バニラプレイやプラグインもOK。
起動が遅い。
時間帯によって不安定。
自宅のパソコンやスマホをサーバーにするポート開放が出来れば、ADD-ONSやプラグインも自由自在。要ポート開放。
パソコンやスマホの電源を切ると、サーバーも終了。
レンタルサーバーを借りる24時間常時起動。
大規模なプラグインサーバーを 構築出来る。
設定や管理が複雑。
サーバー代が高い。

簡潔にメリット、デメリットをまとめてみました。
バニラプレイで24時間安定して遊ぶなら、公式Realmsがおすすめ。
※18歳未満のXbox Liveアカウントでは、Realmsを使ったマルチプレイに制限があります。(保護者アカウントでの設定変更が必要)

 

Xbox Liveアカウントを作成。

Xbox Liveアカウント使ったマルチプレイの方法です。
アカウント作成には、Xbox Liveアプリ・メールアドレスや電話番号が必要なので準備してください。
①サインインを押す。

 

②すでにXbox Liveアカウントを持っている方は、サインインしてください。
持ってない方は、新規作成します。

③メールアドレス、または電話番号を入力。

④パスワードを入力。

 

⑤Microsoftアカウント用の名前入力。本名じゃなく、ニックネームでもOK。

⑥生年月日と国を選択。

⑦アカウント作成に使用したメールアドレス、または電話で確認したコードを入力。

 

 

⑧表示されている文字を入力。
Xbox Liveアプリが必要な場合はダウンロードしてください。

⑨ここで決めた名前が、ゲーム内での名前になります。
利用可能になったら、始めましょうを押す。
※2回目以降のゲーマータグ変更は有料です。

 

⑩フレンドの追加は後からでも出来ます。(Minecraft起動→遊ぶ→フレンド→フレンド追加)
友人のゲーマータグを知ってる場合はここから追加します。

 

友人のゲーマータグを入力。

 

ゲーマータグがすぐに反映されない時があるので、一度Minecraftを再起動します。
左下のアイコンが吹き出しになっていたら、サインインOKです。

 

遊ぶ→世界→遊びたいワールドの編集ボタンから、マルチプレイヤーボタンを押す。
マルチプレイゲーム、LANプレイヤーに表示のボタンにチェックを入れる。
スイッチが右にあればOK。

新規ワールドを作成する場合も、マルチプレイゲーム、LANプレイヤーに表示のボタンを確認してください。

確認が出来たら、「遊ぶ」または「作る」を押してワールドに入ります。

 

⑪ワールドを起動した後、設定画面を開いてゲーム招待ボタンを押す。

 

⑫誘いたいフレンドの左にチェックを入れて、一個の招待を送信を押す。
ここからフレンドを追加することも出来ます。

招待したい相手がオフラインになっていても通知が届きます。

 

フレンドが参加するとリストが更新されます。
ゲーマタグ(名前)横のアイコンから権限を変更出来ます。

 

招待を受けた方は、相手がログインしていればLANゲームから参加出来ます。
招待を受けた方は、相手がログインしていればLANゲームから参加出来ます。

自分や相手がオリジナルのスキンを使っている場合、ワールドに参加出来ない事があります。
スキンを変更して、再度招待してみてください。

招待する方は、Wi-Fi接続が必要です。招待される方は4G回線でもOKです。

 

 

おすすめ記事もどうぞ!