Minecraft【Java版/統合版】
浮游の靴。(ジャンプ・アイテム名検知)

2022-09-29

ジャンプすると少し浮く。(統合版はアイテムを投げる)

Java版1.19.2、統合版はv1.19.30で動作確認。

【Java版】では、ジャンプ検知を利用して、飛んだ時にステータス効果が付き、3ブロックジャンプが出来るようになります。マルチプレイでもアイテムを受け渡して使ったり、同時使用可能。
【統合版】では、ジャンプ検知が難しいので、アイテム名検知で動く簡単装置にしました。アイテムを投げた時にステータス効果が付くので、ジャンプ前や落下中にも使用可能。タグ付けは、アイテム専用ケースではなく制限時間を付けたミニショップに変更。
※通常版では、hasitemがまだ使えないようです。

 

 

目次

1.浮游の靴【Java版】
・アイテム名の変更。
・Java版のコマンド作成。

2.浮游の靴【統合版】
・アイテム名の変更。
・統合版のコマンド作成。

 

浮游の靴【Java版】

ジャンプした時、浮游と落下速度低下のステータス効果が付きます。
※ジャンプ検知なので、落下中には使えません。

 

アイテム名の変更。

Java版では名前を変更したアイテムを、コマンドから直接出せるので便利です。
※メモ帳やテキストエディタでコマンドを作っておくと便利。

①名前を付けた金のブーツを入手するコマンドを作成。
コマンドの作り方は魔女の剣と同じなので割愛します。
LV5の落下耐性を付け、チャットコマンドで入手します。

/give @p minecraft:golden_boots
{display:{Name:"\"浮游の靴\"",Lore:["\"説明文\""]},
Enchantments:[{id:feather_falling,lvl:5}]} 1

 

Java版のコマンド作成。

画像を参考に、ブロックを配置。
◎配置したコマンドブロックの状態/すべて無条件

コマンドブロックの色 ブロックの種類 レッドストーン
黄色 インパルス 動力が必要
青色 チェーン 常時実行
紫色 リピート 常時実行

 

②には、レッドストーントーチを付けておきます。

 

❶浮游の靴起動装置

①execute if entity @a[nbt={Inventory:[{Slot:100b,tag:{display:{Name:"\"浮游の靴\"",Lore:["\"説明文\""]}}}]}]
②scoreboard objectives add jump minecraft.custom:minecraft.jump

浮游の靴を、ブーツスロットに装備しているプレイヤーを検知。
②ジャンプを検知するスコアボード「jump」を作成。(レッドストーントーチを付ける)
プレイヤーがジャンプすると、スコアが1上がる。

 

❷ジャンプ検知とエフェクト効果

浮游の靴を履いているプレイヤー対象

①execute at @a[nbt={Inventory:[{Slot:100b,tag:{display:{Name:"\"浮游の靴\"",Lore:["\"説明文\""]}}}]}] at @e[distance=..1,scores={jump=1..}] run effect give @p levitation 1 1
②execute at @a[nbt={Inventory:[{Slot:100b,tag:{display:{Name:"\"浮游の靴\"",Lore:["\"説明文\""]}}}]}] at @e[distance=..1,scores={jump=1..}] run effect give @p slow_falling 3 1
③scoreboard players reset @a jump

①ジャンプした時、プレイヤーの1ブロック以内で、LV1の浮游の効果を1秒与える。
②ジャンプした時、プレイヤーの1ブロック以内で、LV1の落下速度低下を3秒与える。
③スコアボード「jump」をリセットします。

 

❸浮游の靴終了装置

①scoreboard objectives remove jump

①スコアボード「jump」を削除。

※ステータス効果の継続時間をずらして、落下ダメージをを無効にしています。

 

浮游の靴【統合版】

浮游の靴を投げた時、浮游と落下速度低下のステータス効果が付きます。
※アイテム名検知なので、落下中でも使えます!

ステータス効果の時間が短いので、靴は履かない仕様にしました。
タグとの組み合わせで、名前を変えたアイテムだけでは動作しないようにしています。

 

アイテム名の変更。

統合版ではアイテム名での検知や、名前を付けたアイテムをコマンドで出せません。(落ちてるアイテム除く)

金床を使ってチェストと金のブーツの名前を変更しておきます。

チェスト→靴ケース
金のブーツ→浮游の靴

 

統合版のコマンド作成。

画像を参考に、ブロックを配置。
◎配置したコマンドブロックの状態/すべて無条件

コマンドブロックの色 ブロックの種類 レッドストーン
黄色 衝撃 レッドストーンが必要
青色 チェーン 常にアクティブ
紫色 反復 常にアクティブ

 

◻︎浮游の靴装置の仕組み
装置は大きく分けて【ショップ装置】【アイテム検知装置】の2種類で設計してあります。

【ショップ装置】
浮游の靴の購入と、タグを付けたり消したりする装置。

【アイテム検知装置】
落ちている「浮游の靴」を検知。ステータス効果を付ける装置。

 

「あ」にブロックを置いて、ボタンや商品を入れた額縁を設置。
「A」には靴ケースを設置して浮游の靴を入れておきます。

 

❶ショップ装置、タグ装置

①tag @p add f_kutsu
②execute @a[tag=f_kutsu] ~~~ clone ~~~ ~~~ ~~1~
③texecute @a[tag=f_kutsu] ~~~ setblock ~~1~ air 0 destroy
④kill @e[name=靴ケース]

①近くのプレイヤーに「f_kutsu」のタグを付けます。
②「~~~」には「A」の座標(2回)。プレイヤーの頭上にチェストをクローンさせます。
③頭上のチェストを壊し、中身を取り出します。
④クローンしたチェストを削除。

 

ミニAND回路、No1。
③ティックの遅延を6000に変更。(1秒20tickで計算。約5分)
※ティックの遅延は最長で5分。
さらに長く使いたい場合は、タイマーを組むか別の方法でタグを消してください。

 

❷アイテム検知とタグ消し

落ちているアイテムと、タグ付きプレイヤーを検知。

①testfor @e[type=item,name=浮遊の靴]
②testfor @a[tag=f_kutsu]
③tag @a remove f_kutsu

①浮游の靴が落ちていたら、信号を送ります。
②タグ付きプレイヤー「f_kutsu」がいたら、信号を送ります。
③全てのプレイヤーから、タグ「f_kutsu」を削除。(ティックの遅延6000)

 

❷ステータス効果装置

浮游と落下速度低下のステータス効果を付ける。(タグ付きプレイヤー対象)

①effect @e[tag=f_kutsu] levitation 1 1
②effect @e[tag=f_kutsu] slow_falling 1 1
③execute @e[tag=f_kutsu] ~~~ tp @e[type=item,name=浮遊の靴] ~~~

①プレイヤーに、LV1の浮游の効果を1秒付けます。
②プレイヤーに、LV1の落下速度低下を1秒付けます。(ティックの遅延16)
③プレイヤーに浮游の靴をテレポートさせる。(ティックの遅延32)

※ティックの遅延でステータス効果をずらし、落下ダメージを無効にしています。
また、ステータス効果が切れた時に「浮游の靴」が手元に戻ってくるように調整してあります。

 

ミニAND回路、No2。

 

❸アイテム消し装置

タグが消え、制限時間が終わった「浮游の靴」を削除する装置。

①kill @e[type=item,name=浮遊の靴]

①落ちている浮游の靴を削除。

 

注意点

マルチプレイでも動作しますが、タグ「f_kutsu」が重複しているとうまく動作しません。
アイテムの制限時間が切れるまでは、タグが重複するため交代で使えません。
同時に使いたい場合は、タグ名を変えて人数分の装置を作る必要があります。

アイテム購入時、装置が一度起動してステータス効果が付きます。
回避するには、少し改良が必要です。

 

 

おすすめ記事もどうぞ!