Minecraft【Java版/統合版】タイマーディスプレイ。

2020-02-19

数字ディスプレイをスコアボードタイマーと連動!Java版「1.14.4」、統合版「v1.14.2」対応。

統合版はWindows10で動作確認しました。

スコアボードタイマーの応用。

簡単な記憶回路とコマンドを使って、数字を表示するディスプレイを作ります。
そこにスコアボードタイマーを接続して、ストップウォッチや制限時間などを表示します。
大きなディスプレイを使って、多人数に時間を見せれます。

 

完成サンプル動画

 
 

タイマーディスプレイ作成手順。

 

目次
 

1.使用コマンド
2.ディスプレイと数字
3.記憶装置
・ストップウォッチ用、ディスプレイ回路
・鉄ブロック入りホッパーをループ
4.信号を一回だけ送るパルサー回路
5.クローンコマンドで複製
・数字が消灯する回路
・リセット用クローン
6.クローンコマンドで複製2
・カウントダウン用、ディスプレイ回路
・数字が消灯する回路
7.スコアボードタイマーとディスプレイ回路の連動。
・ストップウオッチ
・カウントダウン
・条件でアクション

※一部Java版と統合版のコマンドに違いがあるので気をつけてください。

 

使用コマンド。

ディスプレイ作成に使用してる作成コマンドです。説明時には省略します。

クローンコマンド。

clone ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

fillコマンド。指定した範囲を空気ブロックに置き換える。

fill ~ ~ ~ ~ ~ ~ air

レッドストーンブロックを置く。

setblock ~ ~ ~ redstone_block

空気ブロックで、他のブロックを消す。

setblock ~ ~ ~ air

 

ディスプレイと数字。

ディスプレイの裏にレッドストーンブロックで作成した数字を「クローン」コマンドでくっつけます。

ディスプレイの位置を決めたら、0〜9までの数字を作成。
数字は等間隔で作っておけば、座標入力も楽になります。
①開始地点、②終了地点、③クローン地点の座標を確認。
他の数字をクローンするには、①②の座標を2増減するだけです。
10の位・100の位にを表示するには、③の座標を4増減するだけです。

ディスプレイの向きによって、XYZの増減する場所が変わります。
実際に移動して、どの座標が増減してるか確認します。

 

記憶装置。

ストップウォッチ用、ディスプレイ回路

ストップウォッチの1の位を作ります。 ホッパーの向きは全て右向き。
一番左のホッパーに鉄ブロックを1個入れます。

「あ」にレッドストーンブロック置くと、1度だけ信号を出します。
ホッパーに入っている鉄ブロックが右へ1個移動します。
それを検知してレッドストーンランプとコマンドブロックに信号を送ります。
※コマンドブロックは横からの信号も検知するので、ランプが光ってる1個右のコマンドが実行されます。

レッドストーンランプ下のコマンドブロックには、ディスプレイに数字が表示できるように、各種クローンコマンドを入れます。「0」は最初と最後の2回。

鉄ブロック入りホッパーをループ

①鉄ブロック入りのホッパーが「A」に来た時、「C」の鉄ブロック入りホッパーを「D」にクローンします。
②「A」にある鉄ブロック入りホッパーを「B」の空ホッパーでクローンして消します。
③10の位の開始地点に、レッドレッドストーンブロックを置きます。
④「あ」のレッドレッドストーンブロックを消します。

 

信号を一回だけ送るパルサー回路。

ラグなどで信号が乱れても、ディスプレイの数字が大きく狂わないようにします。
リピーターは一回クリックしておきます。
動作を確認します。
「あ」にレッドストーンブロックを置いて、「0〜9」の数字がディスプレイでループ出来たら1の位の完成です。
ホッパーの中に鉄ブロックが複数あるとうまく動きません。

 

クローンコマンドで複製。

クローンコマンドで1の位を複製して10の位を作ります。
ディスプレイの10の位に数字が表示されるように、コマンドの座標を変更します。
その他コマンドの座標も変更します。
数字が消灯する回路

ストップウォッチなので、タイマー開始時に10の位と100の位はディスプレイが消灯している回路を追加します。

①10の位のディスプレイに数字が表示されないように、「fill」コマンドで消しておきます。
②「C」の鉄ブロック入りホッパーを「E」にクローンします。
※最初の一回だけ、消灯から状態から「1」が表示されるようにします。

③「F」にある鉄ブロック入りホッパーを「B」の空ホッパーでクローンして消します。

10の位のチェストの中に鉄ブロックを1個入れます。

10の位の動作が確認出来たら、10の位を複製して100の位を作ります。
ディスプレイの100の位に数字が表示されるように、コマンドの座標を変更します。
その他コマンドの座標も変更します。

100の位の最後の数字は「0」ではなく「9」の座標にしておきます。
数字をループせずに、「9」表示で止めます。

100の位のチェストの中に鉄ブロックを1個入れます。

 

リセット用クローン

動作が確認出来たら、回路を丸ごとクローンで複製(a)します。
複製した回路をさらにクローンして、元の場所に上書き複製(b)します。

回路→複製(a) 回路・複製(a) 元回路の場所に上書き複製(b)←複製(a)

上書き複製(b)したクローンコマンドをコマンドブロックに入力します。
スイッチを付けて、回路をリセット出来るようにします。
※10の位と100の位の表示が消えるように、「fill」コマンドをつなげておくと良いです。

2ページ目へ

 

 

おすすめ記事もどうぞ!